resultatsbep2015.com

兄弟同等に教育しましょう

小さい頃に受ける教育の影響力 教育は兄弟同等に受けさせなければいけません。親はどうしても第一子にばかり目がいきがちです。一人目の子育ては全てが手探りの状態です。だから親自身も必死になって子供を育てます。ですが、二人目、三人目となってくると親にも余裕が生まれてきます。二人目、三人目には一人目のときよりも手をかけないことが多いです。一人目の子供には習い事をたくさんさせていても、二人目、三人目まではお金が回らない家庭もあります。子供が小さいうちはいいかもしれませんが、それなりに大きくなってくると二人目、三人目の子供も習い事をやりたがる日がくるでしょう。

そんな時にお金の問題でやらせてあげられないのは教育としてよくありません。兄弟は同じように教育にお金をかけていくべきです。一人目の子供ばかりたくさん習い事をしているのなら、どれか辞めさせてそのお金を他の子供に回してあげましょう。子供の人数が多い家庭なら習い事は一人につき一つと決めてもいいでしょう。そのほうが平等ですし、親の金銭的な負担も少なくなってなんとかなりますよね。または、一人の子供にお金を十分にかけさせてあげたいのならば、はじめから一人っ子という選択肢もあります。一人っ子ならたくさんその子にお金をかけてあげることができます。

Copyright (C)2019小さい頃に受ける教育の影響力.All rights reserved.